teamKAKA  米国株投資 & 家庭菜園 Blog

米国株にて資産運用実施中。畑の写真も随時アップ中です。

【初級】はじめてのバリュー株投資を学ぶ step3-2

どうもKAKAです。

バフェット太郎さんの「 【初級】はじめてのバリュー株投資 」 step3−2 個別銘柄の決定を学ばせて頂きます。

blog.livedoor.jp

バフェット太郎さんは「売上高に対する営業キャッシュフロー(CF)の比率」と「配当利回り」を用いて銘柄を選別しているようです。

営業CFとは本業による収入と支出の差額を表し、手元のお金の増減がわかり、プラスの場合は本業がうまくいっている。マイナスの場合は本業がうまくいっていない状態を表すようです。「営業CF比率が安定して高い銘柄は競争優位が高い」というのは、お金がたくさん入ってきている銘柄という事なので配当が良いという事でしょうか。

①PG(6)  売上高:169億ドル、営業CF:45億ドル、営業CF比率:26,62%(2016年第2四半期)

http://jp.pg.com/investor/kessan/images/ke15_16q2.pdf

②XOM (6) 売上高:598億ドル、営業CF51億ドル、営業CF比率:8,52%(2015年第4四半期)

エクソン・モービル第4四半期決算発表 EPS、売上高ともOK - Market Hack

一般的に20%が目安で、エネルギー株は10%という事でした。セクターによって基準の違いがありそうなので、この辺りは他の銘柄を調べて理解を深めたいと思います。今回調べてみて、営業CF等、言葉の意味を理解するのにも時間が掛かりましたが、営業CFがどこに記載されているのか調べるのにも時間が掛かりました。知識が無い証拠です。

次に配当利回りです。 配当利回りとは、年間配当金/現在の株価

①PG(6)  2,98% 

P&G(PG) | 米国株 注目の50銘柄 | はじめての資産運用

②JNJ (6) 2,64%

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ) | 米国株 注目の50銘柄 | はじめての資産運用

③KO (6) 3,43%

コカ・コーラ(KO) | 米国株 注目の50銘柄 | はじめての資産運用

④XOM (6)3,62%

エクソン・モービル(XOM) | 米国株 注目の50銘柄 | はじめての資産運用

KOとXOMが3%を超えていますね。

今日は理解をするというより調べる事だけで終わってしまいました。理解力が低い方なので数をこなして理解していきたいと思います。また、他の方のブログを参考にさせて頂いて、何を知れば良いのか確認したいと思います。

Have fun

クリックして頂けると大変うれしいです☆

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村