teamKAKA  米国株投資 & 太陽光 & 家庭菜園 Blog

米国株にて資産運用実施中。畑の写真も随時アップ中です。

ヘルスケアセクターについて比較したいと思います②

どうもKAKAです。

f:id:teamKAKA22:20170507070929j:plain

 

 

ヘルスケアセクターのジョンソン&ジョンソン(JNJ)とファイザー(PFE)、メルク(MRK)、アボット・ラボラトリーズ(ABT)を比較してみたいと思います。

 

本日は昨日の続きでMRKとABTを見ていきたいと思います。

 

www.makers-teamkaka10.com

   

 

【 メルク:MRK 】

 

世界的な製薬会社で、北米はメルク&カンパニー(MRK)、日本ではMSD株式会社という社名で、日本の企業広告キャッチフレーズは

 

『みらいを(Miraiwo)、すこやかに(Sukoyakani)、できる薬(Dekirukusuri)』

 

1,チャート 

f:id:teamKAKA22:20170507071729p:plain

 

  • この5年は40ドルから65ドル少し波があるものの右肩上がりになっています。
  • 移動平均線も緩やかな同じ様な波になっています。
  • 2017年の2月中旬頃の株価は114ドル、現在63.97ドルとなっています。

 

2,売上高に対する営業キャッシュ・フローの比率

 

  • 売上高 :101.15億ドル(-4.00% 前期105.36億ドル)
  • 営業CF:  66.53億ドル( 24.10%   前期   53.61億ドル)
  • 営業CF比率:65.77%(前期50.88%) 

         Merck 企業情報 

 

3,配当利回り 3.0% 

 

 

 

【 アボット・ラボラトリーズ:ABT 】

 

HPをみると栄養補助剤と糖尿病に関する記載がありました。

写真でランニングしている方がユベントスの練習着を着ていたので好感が持てます。

 

1,チャート 

f:id:teamKAKA22:20170507073635p:plain

 

  • この5年は30ドルから徐々に上がって2015年7月頃をピークに下がり、今は横ばいの状態です。
  • その他の3社とは違い、株価が右肩上がりではないので何か原因がありそうです。

 

2,売上高に対する営業キャッシュ・フローの比率

 

  • 売上高 :63.35億ドル( 18.79%   前期  53.33億ドル)
  • 営業CF:  5.74億ドル(-50.94%   前期  11.70億ドル)
  • 営業CF比率:9.06%(前期21.94%) 

       Abbott labs 企業情報

 

3,配当利回り 2.4% 

 

 

【 比較 】 

 

1,チャート 

f:id:teamKAKA22:20170507075636p:plain

 

  • JNJが順調に株価を上げいます。最大多数投資法でも6を取っている人気銘柄ですね。

 

2,売上高に対する営業キャッシュ・フローの比率

 

  • ABT以外は順調に営業CF比率が高いです。ABTは薬剤の特許切れの関係もあるのでしょうか

 

3,配当利回り 

 

 ファイザーとメルクが3.0%以上なので魅力的です。

 

 

 

【まとめ】

 

ヘルスケアセクターの中でも業種を分けることができそうです。

  • 医療、ヘルスケア商品:ジョンソン&ジョンソン
  • 医薬品:ファイザーとメルク、アボット
  • バイオ医薬品:アッヴィ(ABBV) ※今回比較していません。

ジェネリック薬品について

 

   ジョンソン&ジョンソン、ファイザー、アッヴィに注目していきたいと思います。

   ※アッヴィは今回比較していませんがいろいろ調べて気になっています。

  

 

生活必需品セクターはこちら

 

www.makers-teamkaka10.com

 

 

通信セクターはこちら

 

www.makers-teamkaka10.com

 

 

 

www.makers-teamkaka10.com

 

 

Have fun

 

クリックして頂けると大変うれしいです☆

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村