teamKAKAの資産形成ブログ

教育費や住宅ローン、老後の資金など家計のお金に関するブログです。米国株・太陽光発電によって資産形成中。

長期投資家を目指す私にとって投資を貯金感覚でおこなう事は危険なのか

どうもKAKA’(@teamkaka10)です。

f:id:teamKAKA22:20180729174802j:plain

【7/31追記】

投資を貯金感覚でおこなう事の危うさについて、米国株ブロガー仲間のミスターマケットさん(@mrmarket_japan)が書かれた記事がとても参考になりました。

mrmarket-japan.com

 

ミスターマケットさんの記事を一部抜粋させて頂きます。

「もし、金融機関のセールスマンがあなたの家族に投資を「貯金感覚で!」って勧誘してたらどう思う?」 

「貯金感覚で投資」派の皆さんにそんな誤解されるようなことを言っちゃいかん!と自制を求めてるのです。

そのとおりだなと思いました。 

また、貯金感覚の『貯金』という言葉の2つの意味についても深く言及されており、とても参考になる記事でした。

 

私も家族に「投資を貯金感覚で」と勧誘されたくないと思うので、『貯金感覚』という表現を『お金を貯める感覚』と変更しました。

 

以下は7/31前に書いた私の意見です。

 

私は2018年からつみたてNISAを始めました。

毎月楽天VTに3.3万円を積み立てています。

 

含み益はまだ3%ほどで7,000円ぐらい。

含み益を見る事よりも、毎月3.3万円がつみたてNISAの口座に入金されて、つみたて額が増えていく事がうれしいと感じています。

 

『今月も3.3万円つみたて額が増えた』という 貯金と同じ お金を貯める感覚でつみたてNISAをおこなっているという事です。

 

※7/31に『貯金と同じ』という表現から『お金を貯める』に変更しました。 

 

投資は貯金と違い元本を大きく損ねる可能性があるため、貯金とは別物と考えるべきであるという考える方と

リスク許容度を考慮するものの投資も大きい意味で貯金と同じ枠に入るのではないかという意見をツイッターで見させて頂きました。

 

その中で私が感じた事を長期投資家を目指すしている私の視点から考えてみたいと思います。

   

つみたてNISAの役割 

2018年からつみたてNISAが始まりました。

金融庁のHPにつみたてNISAについて以下の記載があります。

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です

つみたてNISAの概要 : 金融庁

 

つみたてNISAは預金や保険が主な日本人にとって、長期で分散された投資をおこなう為の新しい制度です。

 

私はつみたてNISAで楽天VTを毎月自動的に買い付けていますが、がっつり『投資をしている』という意識を持っていません。

 

我が家は毎月給料が振り込まれると

  • 子供の教育費用の口座
  • 住宅ローンの口座
  • 老後のお金を貯める口座 など

 毎月一定額を各口座へ振り分ける事と同じ感覚で、つみたてNISAの口座へ入金されているという感覚です。

 

1年半ぐらい前まで貯金と保険にしか入っていなかった私にとって、つみたてNISAはとても良い制度です。

 

しかし投資は貯金ではないと考えておられる方からすると、いまは良くても、相場の状況が一変すれば、私の考えは危険なのかもしれません。

 

危険を認識する事が大切

f:id:teamKAKA22:20180729203729j:plain

リーマンショックを経験された方は、自分が投資していた商品が大きく減少した経験を、

 

「資産が減って口座を見れることができなかった。」

「吐き気がした。」

「普段の生活ができなかった。」

 

と自分が体感した生の声を未経験者に伝えてくれています。

 

いまの状況からは想像できない苦痛が襲ってきたのだと思います。

 

リーマンショック未経験の自分にとっては、極限に仕事に行きたくないとても辛く苦しい状況が、ずっと続くのではないかと悩んだ時の様な感覚ではないのかなと思います。

 

もしそうならあの時にあじわった感覚を再びあじわうのは

 

『絶対にイヤです』

 

今回投資に対して、貯金と同じという感覚を持つ事が危険だと感じる方の言葉を目にした事で、資産が大きく減少しても生活防衛資金を確保するなど、生活に支障がでない、普段の生活が送れる環境を整えていく事の重要性を強く認識しました。

 

長期投資にとって保有期間の長さは重要

私は長期投資家にとって保有期間の長さこそが重要だと思って投資をしています。

そのため、毎月の投資が手間であったり、ストレスを感じるものであれば続かないと思います。

 

長期投資家がつみたてNISAを有効的に活用するためには

  • 無理の無い範囲で積み立てる事。
  • 自分が必要な生活防衛資金を理解し、すぐに何かあっても継続して積み立てていける計画が立っている事。
  • 暴落してもいつか値が戻ってくるだろうと思える銘柄に投資する事。

 

リスク資産に投資をしている事をきちんと理解した上で、自分なりの継続できる投資環境を構築し、投資を 貯金と同じ感覚 お金を貯める感覚でおこなえるのではないかと考えます。

 

でも、リーマンショックを経験した方がそこまで言うからには、こんな私の考えがひっくり返るくらいの、相当きつい日々が続くのだろうなと思います。

  

7/31追記

私は貯金と同じ感覚でというのは、暴落を経験していないからである事がミスターマケットさんの記事を読んでよくわかりました。

 

「貯金感覚で投資( ・`ー・´) + キリッ」にちょっと待った!! - ミスターマーケットの日本株米国株投資ブログ

 

 

 

 Have fun  

 

クリックして頂けると大変うれしいです

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ