teamKAKA’資産形成日記

教育費や住宅ローン、老後の資金など家計のお金に関するブログです。米国株・太陽光発電によって資産形成中。

長期投資を実践するために2017年3月から投資したVTIとの歩み

どうもKAKA’(@teamkaka10)です。

f:id:teamKAKA22:20190112173205j:plain

私がはじめて買った株(ETF)は VTI  です。

米国株に興味を持った方は目にする機会が多いETFではないでしょうか?

 

私が投資を始めたきっかけは、たぱぞう(@tapazou29 )さんの「おすすめの投資本3選はこれだ! - たぱぞうの米国株投資」を読み、おすすめ本に載っていた  ” ジェレミー・シーゲル著 株式投資の未来 ” を読んだことから始まりました。

 

本を読み。

米国株の事を調べ。

2017年3月29日に VTI を38株を購入しました。

 

長期投資家として VTI に投資を決めた自分なりのストーリーは以下の3つです。  

【 VTI に決めた3つのストーリー】

  1. アップルやアマゾンなどの魅力的な企業が誕生し成長する文化がある事。
  2. 米国が成長国であり10年後や20年後の成長が楽しみである事。
  3. 日々の値動きに惑わされる事なく投資し続けられる事。
  米国株の魅力はたぱぞうさんのセミナーでより理解を深める事ができました。

www.makers-teamkaka10.com

 

下に続きます。 

 

  

VTI:ヴァンガード・トータル・ストック・マーケット

VTIに投資する事で3680の企業に投資ができ、米国株式市場の投資可能な株式のほぼ100%に分散投資ができます。  

VTIについて
  • ベンチマーク:CRSP USトータル・マケット・インデックス
  • 構成株式銘柄:3680銘柄
  • 経費率:0.04%
  • 設定日:2001年5月24日
  • 配当月:3月,6月,9月,12月
  • 備考:https://www.vanguardjapan.co.jp/docs/FS_VTI_JP.pdf

パフォーマンスの実績

設定来のパフォーマンスは7.46%となっており出来過ぎのような気もします。

今後同様のパフォーマンスを継続できるかどうかわかりませんが、世界の市場は米国を中心に動いており、10年後、20年後も資産として保有したいETFであると考えています。

f:id:teamKAKA22:20181123162948p:plain 

 VTIの上位10銘柄の純資産総額に占める割合

米国を代表する、アップルやマイクロソフト、アマゾンなどの有名企業が上位銘柄として名を連ねています。

f:id:teamKAKA22:20190110211757p:plain 

セクター別の構成比率

また、セクター別の構成比率をみると、米国の発展に寄与しているテクノロジーセクターが上位となっています。

f:id:teamKAKA22:20190110211816p:plain

セクター構成比率は時代を牽引するセクターが上位にきます。

www.makers-teamkaka10.com

 

VTIの株価推移

私が購入した2017年3月からの株価推移です。

121.3ドルで購入したVTIは、2017年は右肩上がりでした。

2018年は上下に動き高値を更新していくかに思えましたが、ついに年末には120ドルを割りました。

2019年になり持ち直しつつありますが、今年も株価の変動が大きそうです。

f:id:teamKAKA22:20190110203105p:plain  

VTIの配当履歴

2018年の株価は年始の株価とほど変わりありませんが、配当は年4回ありコツコツと積み重なっています。

VTI保有状況
  • シンボル:VTI
  • 単位数 :38株
  • 取得単価:121.3ドル
  • 直近配当額:0.721ドル/株
  • 株価:131.81ドル
  • 4期配当合計:2.61ドル
  • 配当利回り:1.97%
 ドルで受け取った配当金の推移

配当月の月末に受領するため入金が次の月になります。

f:id:teamKAKA22:20190110213909p:plain

円に換算した配当金の推移

f:id:teamKAKA22:20190110214132p:plain 

投資損益推移グラフ

わたしがVTIに投資してから現在までの投資損益推移グラフです。濃い青色が配当受取累計で、橙色が未実現の利益ですが評価損益となります。 

ドルベースの損益推移グラフ

去年の8月と9月はとても含み益があったのですが、かなり含み益は減りました。ただ、マイナスとなっていないのは安心に繋がります。

 投資開始からの含み損益($)

f:id:teamKAKA22:20190110215949p:plain

投資開始からの含み損益(%)

f:id:teamKAKA22:20190110220155p:plain

円ベースの損益推移グラフ

今年に入り円高に動きました。今後はどのような動きになるかわかりませんが、円ベースでの損益の推移も気になる為、グラフにしました。 

 投資開始からの含み損益(¥)

f:id:teamKAKA22:20190110220841p:plain

投資開始からの含み損益(%)

f:id:teamKAKA22:20190110221010p:plain

 

2017年の右肩上がりの相場のおかげでプラスの損益となっていたVTIですが、2018年からは上がったかと思えば下がり、不安定な相場が続きそうです。

 

長く保有する事で大きな利益に繋がるETFだと考えているため、10年、20年と保有し続けたいと思います。

 

まとめ

米国に投資をするなら、S&P500に投資できるVOOなどもありますが、私はVTIに投資をしています。

以前、ハイパー愛生男さんがVTIに投資するメリットを教えてもらえました。

 

でも、以前のSPオヤジさんの記事を見たら、S&P500に投資できるVOOも良いなと思ってしまいますね。

 

SPオヤジさんの記事はとても良い記事で、長期投資家にとって相場が悪い時に勇気をもらえる記事だと思います。

 

過去の歴史が繰り返すかはわかりませんが、SPオヤジさんの記事でもわかる様に米国のインデックスは、投資家に良いリターンをもたらしてくれています

 

私もSPオヤジさんと同じ様に、10年後20年後に良い結果を得たいと思います。

 

Have fun  

 

クリックして頂けると大変うれしいです

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

https://www.vanguardjapan.co.jp/docs/FS_VTI_JP.pdf