teamKAKA’資産形成日記

教育費や住宅ローン、老後の資金など家計のお金に関するブログです。米国株・太陽光発電によって資産形成中。

たぱぞうさんのセミナーに参加して学んだ事。

どうもKAKA’(@teamkaka10)です。 

f:id:teamKAKA22:20190217181420j:plain

株式会社さくらインベストさんのセミナーでたぱぞうさん(@tapazou29)のお話が聞けるという事で行ってきました。 

【Bコミ×たぱぞう】米国株&日本株を支配する極限の投資戦略 / 株式投資セミナー | セミナー情報.COM

 

【セミナータイトル】

『2019年、困難な時代を乗り越える米国株投資術』

米中貿易摩擦やGAFAなど米国企業の減益が世界の景気後退を誘導する。困難な時代を乗り越える米国株の投資術。

 

今回のセミナーは前半が基礎的な内容、後半は各種統計を踏まえた2019年の上半期相場の見通しでした。

 

前半の基礎的な内容は、前回のセミナーに参加した時にまとめているので、今回は新しく学んだ事を書きたいと思います。

 前回のたぱぞうさんのセミナーで学んだ事。

www.makers-teamkaka10.com

 

今回も最初に投資の要諦として『良いものを 続けて 長く持ち続ける』という事を話されており、たぱぞうさんのストーリーがよくわかりました。

今回のセミナーで私が学んだ内容
  1. 良いものとは
  2. 参考にする各種統計
  3. 2019年の上半期相場の見通し

以下は私がセミナーを聞いて理解した内容であり、たぱぞうさんの意図や思いとは違う場合もある事はご理解願います。

 

 下に続きます。 

 

良いものとは

日本は人口の減少など問題が多く困難な時代になっています。その時代を生き抜くための投資術として、豊かな富を正しく享受するために、労働人口が多いまたは多くなる成長国に投資する重要性がわかりました。

米国が良い理由
  1. 人口が増加していて消費をする世代が多い。
  2. 投資に見合った法整備がされている。
  3. 自社株買いなど株主還元に積極的な企業が多い。
  4. ROE(経営効率)を重視した経営を米国は行う。

 また、給料や年金を円でもらうため、世界の基軸通貨であるドルで配当益やキャピタルゲインを得る事でリスクの分散を図る事がわかりました。

 

良いものとは

個別株であればワイドモートがある銘柄が良いと話されていました。

また、VTIやVOOなど米国の指数に連動したETFを上げておられました。

 

米国の良さは、全世界のインデックスであるACWIを上回ってきた事。

 

新興国の成長は魅力的ではあるけれど、トラッキングが難しいためよく連動されたインデックスが無い事を上げておられました。

 

米国株では連続増配株に投資したり成長株に投資するなど、ワイドモートがある企業や事業の将来性がある企業などを特徴にあげておられました。

 

連続増配銘柄では、高い営業利益率や増配に無理が無いか確認する事が大切である事がわかりました。ETFであれば、VIGやVYM、HDVが良いとの事でした。 

 

投資は自分が描くストーリーによるところが大きいため、自分が描くストーリーがあれば、米国株も良いし、国際分散しても良いともおっしゃっていました。

 

参考する各種統計

f:id:teamKAKA22:20190217224319j:plain

ヤフーに出ている経済指数をよくみておられるようで、以下の経済指数を上げておられました。

  • ISM非製造業景況指数
  • 小売売上高
  • 四半期実質国内総生産
  • 非農業部門雇用者数変化
  • カンファレンスボード景気先行指数(LEI)
  • 失業率

アップルが下がった時もISM非製造業景況指数も下がっていた事を話されていました。

 

セミナーの中で経済指数は基本的にまだ強いけれども、減税効果が織り込まれてきており、これからの米国企業の収益は下落傾向も予想される為、経済指数に注目しているとの事でした。

 

また『どこまで米国と付き合い踊るのか』という表現をされており興味深い内容でした。

 

50%の下落は今後も起こる可能性がある事を意識した投資が必要であると感じました。

 

2019年上半期相場の見通し

f:id:teamKAKA22:20190217225543j:plain

金利が2.5%から3.0%の状況であり、2017年の様な右肩上がりの相場は期待できないため、金利の動向に注意との事でした。

 

リスクをあえて取りに行く必要はなく、債券やMMFに資金をおく事もひとつの手である事がわかりました。

 

こういう相場だからこそ値動きのある銘柄の中で、特化した事業を持っている企業に投資する事で利益を出す方法もある事がわかり印象的でした。 

 

まとめ

私が感じた今回のセミナーの特徴は景気の動向に波がある為、リスクをあえて取りに行く必要は無いという事が印象に残りました。

 

その事を理解した上で、相場に向き合う事が大切である事も理解できました。

 

 

以上が今回のセミナーで私が学んだ内容です。

関連記事

前回のセミナーで学んだ内容です。今回のセミナーの前半部分の基礎的な内容が主でした。実際に話を聞くことで理解が深まったので参加してよかったです。

www.makers-teamkaka10.com

 

 Have fun