teamKAKA’資産形成日記

教育費や住宅ローン、老後の資金など家計のお金に関するブログです。米国株・太陽光発電によって資産形成中。

” FACTFULNESS ”を読んで 給料明細書の“悪い“と“良くなっている“が両立しているか確認してみた

どうもKAKA’(@teamkaka10)です。   

f:id:teamKAKA22:20190505084032j:plain

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

 

まだ読み終えていませんが ”FACTFULNESS”という本を読んでいます。

 

なかなか生活が良くなっている実感はわきにくいですが、この本を読むと世界は良くなっている事がわかります。

 『今の世界を理解するには”悪い”と”良くなっている”』が両立している事がわかりました。

 
 
先日”収入に対して手取りが少なくなっているから悲観的なニュース” を目にしました。
 
 
本書の中で“世界はあなたが思っているほどドラマチックではない”と記載があります。
 
良い出来事はニュースになりにくいし、長期的な進歩も、短期的に何度か悪いことが起これば、その悪い事に人は注目してしまいます。
 
どうしてもネガティブな本能が優ってしまいます。
 
そこで、自分の給料明細書を確認して、手取りが低くなる原因の健康保険料など ”悪い” と ”良くなっている” を確認したいと思います。
 

下に続きます。 

 

健康保険料

f:id:teamKAKA22:20190503120851j:plain

給料明細書を見ると私は健康保険料に2,4万円ほど支払っていました。

 

アラフォーになった事でとても健康が気になるようになってきました。

 

健康保険料が何に使われているのか確認すると以下の費用に使われていました。

平成29年度の収支
  • 収 入:9兆9,485億円
  • 支 出:9兆4,998億円
  • 収支差:  4,486億円 

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/honbu/template01/3007/h29kessangaiyou.pdf

参照先:平成29年度協会けんぽの決算見込みについて | お知らせ | 全国健康保険協会

 

健康保険料の使用先

f:id:teamKAKA22:20190503234640j:plain

保険料1万円あたりの使い道が記載されていたので引用させてもらいました。

主な使い道は4つ

  • 医療給付費
  • 現金給付費
  • 高齢者医療への拠出金等
  • その他
約4割が高齢者医療への拠出金

f:id:teamKAKA22:20190503182348p:plain

 

参照元:保険料は何に使われている? | 都道府県支部 | 全国健康保険協会

 

都道府県によって保険料率が違う

f:id:teamKAKA22:20190503124047j:plain
平成30年度の都道府県ごとの保険料率の差です。

参照元のデータが石川県のサイトであったため、石川県がピックアップされています。

 

私が住む大阪では、10.1%以上あります。

 

1番大きな保険料の佐賀県と1番小さな新潟県では最大0.98%の差があります。

f:id:teamKAKA22:20190503184159p:plain

 

f:id:teamKAKA22:20190503184226p:plain

参照元:都道府県ごとに保険料率が違うのはなぜ? | 都道府県支部 | 全国健康保険協会

保険料率の差が生じる理由  

都道府県の医療費が下がればその地域の保険料率も下がります。

 

我が家の医療費

f:id:teamKAKA22:20190503234702j:plain

 アラフォーになり若い頃と比べ身体が変化しているのか、体調を崩す事が多くなり病院に通う機会が増えています。

 

また我が家には小学生と幼稚園の子供がおり、学校で風邪などの病気がうつる事もあります。

 

そこで全国健康保険協会から送られてくる「医療費のお知らせ」を確認しました。 

我が家の医療費

◆医療費総額 :448,790円
◆けんぽ支払額:330,468円
◆国等の支払額: 73,269円
◆加入者支払額: 45,053円  

医療費の総額が45万円近く使っています。

その内支払いが4.5万円なので1割になっています。

 

私と奥さんの負担は3割ですが、子供たちが2人いるためこの様な支払いになりました。

子供の医療費は市町村によって対象となる年齢などが変わりますが、医療機関1回の利用で最大500円になるなど優遇されています。

 

子供が無料で受けれる予防接種の種類も増えており、予防医療が充実する事で我が家にとっては子供が大きな病気に掛かるリスクを防ぐ事もできています。

 

子供がいる家庭にとっても健康保険料はありがたいものとなっています。

 

また、子供だけではなく両親も高齢になってくるし、祖父母も歩くと足が痛むぐらい身体に負担がきており、病院に通っています。

健康保険料の ” 悪い ” と ” 良くなっている ”

 

f:id:teamKAKA22:20190115193551p:plain

健康保険料率の変遷を見ると率が上がっている事がわかり、負担が増えている事がわかります。

保険料率の変遷 | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会

 

保険料率が上がっている事は、手取りの収入が減るため納税者から見ると”悪い”の方に入ってきます。 

 

また、今後高齢者が増える事で高齢者が医療機関に掛かる事が確実に増えてくるため今後も保険料率は上がると思います。

 

ただ、私の身近な範囲で振り返った場合は”良くなっている”にを入っている事がわかりました。

 

現在は子供と祖父母が恩恵を受けています。

 

アラフォーになってから身体の変化をとても感じます。その内に私や両親も少しずつ享受する事になると思います。

 

健康保険料については、悪い部分は改善する必要があるけれど、我が家が生活をする上で良くなっている事を実感する事ができました。

 

厚生年金保険

f:id:teamKAKA22:20190503121647j:plain

私が支払っている厚生年金保険料は月々約43,000円です。

厚生年金保険の中身を見ていきたいと思います。

国民年金とは

国民年金は基礎年金とも呼ばれ、20歳以上60歳未満の国民全員が必ず加入する事になっている年金です。

 

国民年金の保険料は一定で平成31年度の保険料は月額16,410円です。

平成22年度の保険料が月額15,100円だったので月額1,310円の増加になります。

 

加入期間が40年あれば満額もらえますが、それより少ないと減っていくシステムです。 

厚生年金保険とは

厚生年金保険は国民年金に上乗せされて給付される年金です。 

 

厚生年金の保険料は4月〜6月の給料を基に計算された金額と賞与に共通の保険料率を掛けて算出され、その半分を雇用主が支払い、その半分を加入者が支払います。

厚生年金保険

  • 厚生年金保険は国民年金に加算されて支給される。
  • 保険料は毎月の給料と賞与に保険料率を掛けて算出し雇用主が半分を負担。
  • 年金は一階建てから三階建てにふりわけられ、階数が上の年金を支払っている方が老後の保障は手厚い。

 

厚生年金の支給額は、加入している期間の長さと支払ってきた保険料によって変わります。

 

厚生労働省が公開している平成29年度の年金支給額は以下になります。

 

国民年金支給額:平均 5.5万円。

厚生年金支給額:平均14.7万円。

 

我が家の年金支給予定額

ねんきん定期便を確認して私と奥さんの現時点での加入実績を確認しました。 

  年金額 納付累計額
¥718,394 ¥6,435,078
奥さん ¥429,530 ¥1,745,419
合計 ¥1,147,924 ¥8,180,497

 

上記は現在の状況ですが、年金の見積もり額を調べると65歳から厚生年金と老齢基礎年金を足して夫婦で235万円 /年でした。

65歳から月々19.5万円もらえそうです。

厚生年金保険の ” 悪い ” と ” 良くなっている ”

f:id:teamKAKA22:20190415201404j:plain

厚生年金保険の”悪い”部分はニュースでも放送されるように高齢年齢層を支える現役世代の人数が少ないことではないでしょうか

 

私の年齢で65歳となると20年以上あります。

 

15歳〜64歳までを現役年齢層とし、65歳以上を高齢年齢層とした場合、2017年の時点で高齢年齢層を支えるのは2.2人に1人の計算になります。

 

2040年の時点では1.5人に1人になります。

 

現実的に現役世代に支えてもらう事は厳しい気がしますね。

 

仮に15歳〜74歳までを現役年齢層とし、75歳以上を高齢年齢層とした場合、2017年の時点で高齢年齢層を支えるのは5.4人に1人を支える事になります。

 

2040年の時点では3.4人に1人の計算になります。

 

75歳以上からの支給は現実味がでてきそうですね。

f:id:teamKAKA22:20190217225543j:plain

20年以上後のお金の価値

私が65歳に支給される予定の19.5万円はどれくらいの価値になっているでしょうか。

 

テクノロジーの進化によっていろいろな物やサービスを受ける値段が上がっていそうな気がします。

 

現状では ”悪い” と ”よくなっている” を確認すると自分は”悪い”を強く感じる結果になりました。

 

ただ、今の自分は何と比較したら良いかわからなかったために、良い面がわかっていないのかもしれません。

 

厚生年金保険については、今後も調べて”良くなっている”部分が理解できればと思います。

 

 

まとめ

f:id:teamKAKA22:20190428004647j:plain

給料明細書の中にはまだまだ、所得税や市民税などもありますが、今回は健康保険料と厚生年金保険を調べました。

 

安心や安全を伝えるニュースはなかなか耳に入る事がないため、給料明細書の”悪い”と”良くなっている”を確認しました。

 

私が調べた事は一部だと思いますが、悪いも良いも理解する事がわかりました。

 

” FACTFULNESS ”を読んで、今を理解するには”悪い”と”良くなっている”が両立している事がわかりました。

 

私はテクノロジーが好き、世の中は少しずつ良くなっていくと考えています。

 

長期的な成功を達成するためには、短期的な失敗はつきものです。

 

本書の中で、批判的思考の中でワクチンの摂取に批判的な思考をした場合を例にして以下の様に考えるよう記載がありました。

 「どんな証拠を見せられたら、わたしの考えが変わるだろう?」と自分に聞いてみよう。

「どんな証拠を見せられても、ワクチンに対する考え方が変わらない」と思うだろうか?

もしそうだとしたら、それは批判的思考とは言えない。
証拠を無視したら、批判的思考は成り立たないからだ。

 

 何事も批判的な情報は関心を得やすいもの。

 

入ってくる情報の中で、その批判的な思考が本当に成り立っているのか、自分で”悪い”と”良くなっている”を調べる事。

 

今だけにとらわれずに、長期的な視点で物事を見ることが、とても大切である事がわかりました。

  

 

 Have fun